MENU

スメルハラスメントを訴えるのはNG?

臭いに苦しむ女性

 

スメルハラスメントという言葉を聞いて思い浮かべるのはどのようなことですか?
やはり年を重ねるごとに増してくる加齢臭をイメージする方が多いでしょうか。

 

スメルハラスメントの悩み、男性に多いような印象がありますが、
気にしている女性も多いのではないかと思います。

 

親しい友人でも直接訴えるのは難しい、微妙な問題です。

 

実は私も、ニットを着ていて汗をかいた時など特に心配になることがあります。
そんな状況を何とかしたいと、一時期は洗濯の時に必ず柔軟剤を使っていました。

 

でも、これって結構難しいのです。
ほのかに香るくらいなら柔軟剤も良いのですが、
最近のものは一日中香るタイプの製品が多いです。

 

要するに香りが強すぎるのです。
これもある種のスメルハラスメントだと個人的には感じます。

 

でも直接本人に訴えることはなかなか出来ないので、不満ばかりが募っていきます。
心の中では裁判で訴えることを想像するくらい、
五感にダイレクトに響く重大な問題だと思います。

 

柔軟剤の香りは千差万別。自分は気に入っていても他の人には
悪臭と感じられているかもしれないので細心の注意が必要です。

 

そして、何より怖いのがそこに加齢臭が合わさった時です。
想像するだけでも恐ろしいですね。

 

柔軟剤と加齢臭の最悪のタッグです。まさにスメルハラスメントです。
しかも、こちらは柔軟剤だけの時よりも本人に訴えるのは更に難しくなります。

 

どんな臭いかというと、イメージとしては汗でどろどろの作業着から
強いフローラルな臭いがするような感じです。

 

万が一、そんな人とエレベーターなどで乗り合わせてしまったら、
やはり本人に訴えるなんてことは出来ませんから、
予定の階より先に降りてしまうでしょう。

 

もし自分がそんなスメルハラスメントをしているように思われていたら
悲しくなってしまいますね。怖くてエレベーターに乗れなくなってしまいそうです。

 

では、スメルハラスメント加害者にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?!
そもそも臭いを他の臭いで消そうという発想がダメなんじゃないかと思います。

 

臭いはもとから絶たなくては!

 

例えば、臭いに強い柿渋石鹸などで加齢臭を可能な限り抑えて、
その上でほのかに香る柔軟剤というあたりがベストな選択なの
ではないかと思うのです。あくまでほのかにです。

 

「あの人がスメルハラスメントの元だ!」なんて後ろ指を指されないように、
柔軟剤は上手に使いたいものです。

 

あなたの隣人が脳内裁判所に訴えることで我慢してくれているうちに!

 

>>>気づいたらすぐやろう!スメルハラスメントを対策しないとこうなる!

 

関連ページ

スメルハラスメントは女性の多い職場でご注意を?!
今話題のスメルハラスメント!実は女性の多い職場で要注意!その理由とは?!
臭いの落とし穴「スメルハラスメント」の対策としてできることとは?!
職場でも日常的にあるスメルハラスメント
毎日のスメルハラスメントで裁判沙汰!?
スメルハラスメントは色んな意味でたちが悪い!でもこれって裁判沙汰になる場合もあるんでしょうか?!
恐るべき攻撃手段?香水によるスメルハラスメント
香水ほど攻撃的なスメルハラスメントはない!そう感じさせられる体験談です。
このページの先頭へ